2014年05月12日

べガスでのスポーツの賭け方

夏にラスべガスに行く方もいるかもしれないので、初心者向けに簡単に書いてみます。

家族でハワイなどを考えている方はラスべガスをおすすめします。24時間眠らない街にあらゆるアクティビティがあり、なおかつゴージャスでテンションはあがりまくり。ホテルはハワイよりずっと豪華なものがかなりの安価で泊まれます。ハワイなら200ドル程度のホテルはぱっとしないことも多いですし、トップクラスは300−400ドル普通ですよね。ベガスは100ドル前半でもかなりのゴージャスさが味わえます。ちなみに、あのベラージオでさえ、ストリップビュー(噴水ビュー)が日によっては100ドル台です。ルームサービスも、24時間レストランが多数ホテルにある街ですから、ゴージャスさの割に安い。海はないですが子供用に広いプールも絶叫マシーンもたくさんあるし、スカイダイビングだってハワイより安い。感動のグランドキャニオンまでドライブ出来るのも大きい。ブランドショップが夜遅くまで普通に開いているという点でもショッピング環境はハワイより上では。それにシルクドソレイユの活動の拠点ですから、東京で観るシルクのショーよりはるかに感動的な体験が出来ます。誰もが必見という「O」に連れて行けば同伴者も喜んでくれるはずです。また、夜一人で遊びに出るにも場所に困らない。

そして、カジノというより、スポーツブックがある。

べガスではスポーツブックエリアの無いカジノもありますが、ストリップのメインホテルやダウンタウンの大きめのホテルの多くにはスポーツブックエリアがあります。

おすすめはいくつかありますが、わかりやすいのはベネチアンでしょうか。あのゴージャスさはすごい。巨大なスクリーンや座席ごとの充実した小スクリーン。画面からもベットできます。ダウンタウンの安ホテルなどではスポーツブックエリアの従業員がなんか横柄だったり無能だったりすることも多いですが、やはりベネチアン、普通に丁寧です。

ラスベガスのベネチアンのスポーツブックエリア
venetiansportsbook-3.png

ちなみにスポーツブックコーナーからカジノを横切ったとこにあるGRAND LUX CAFEは、自分がここ数年でもっとも頻繁に行っている店でもあります。24時間多数のメニューを提供し続けています。

パラッツォとベネチアンはくっついていて兄弟みたいなものなので互いに行き来出来ます。設備などの新しさを優先するならパラッツォでもいいかもしれません。両方合わせて7000か8000室くらいある巨大ホテルです。

ちなみにダウンタウンなら総合的にゴールデンナゲッツかな。居心地良いし、ホテル全体に活気があり、バランスがいいです。プラザなどは伝統あって部屋代もかなり安いですが、各設備は確かに落ちる。それにスポーツブックの客層だけでなく、全体的な層に疑問。。。日本人観光客向けとは言えない。アメリカにかなりなれている人が一人で長期で行くにはいいいですが。

ワンベット1000ドル以上の人はストリップのゴージャス系に行く方がいいと思います。目立たないです。マックスはいろんな条件や交渉にもよるので一概には言えませんが、数千ドルなら普通に受けてくれます。あるホテルのVIPルームでは1万ドルスタートとききました。高額ベットはダウンタウンの多くのホテルだと目立つし、ごろつきに目をつけられないとも限らないからです。金に敏感な人たちですから、意外とあっという間に「ビッグベッターがいる」と広まります。

賭け方ですが、今は専用の端末などから入力して賭けれるところも増えています。Williams Hill系はマシンを夜も稼働させています。

ただカウンターで賭けるのが楽です。そのときはチーム名ではなく番号で言いましょう。チーム名でも対応してくれることもありますが、「番号で言ってくれ」とはねられることもあるからです。

ボードを見て番号を確認してそれを伝えれば、ハウマッチと聞いてくるので額を言えば終了です。

OVER(やUNDER)をとりたいときは I'd like to take OVER (UNDER) of 番号でだいじょうぶです。

必ずその場でチケットの内容を確認しましょう。自分はピッチャー指定のベットのつもりなのに、チケットを見たらピッチャー指定じゃないものであることもあります。

ちなみにワンベット100ドル程度で普通にどんどん賭けるなら、ほとんど無制限にドリンクチケットもらえるホテルが多いです。スポーツブックのカウンターで言ってみましょう。数十ドルベットでも多数かますなら何枚かもらえると思います。

ビールやいくつものカクテル、バーボン、ソフトドリンクなどが飲み放題です。数枚たまったら、I'd like to have 5 bottles of Budwiser in a bucket with ice. などといって、氷入りのバケツに数本入れてもらってもいいです。「儲けて、なおかつ滞在中のドリンク代も無料」というのがオンラインにないラスベガスのスポーツブックの楽しみ方の一つです。

ラスベガスのスポーツブックの話でした。

posted by OT at 15:25 | オッズや賭け方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

スポーツブックでどう勝つのか

スポーツブックでどう勝つのか
研究をし投資家間の競争に勝つ
一回の投資額を抑制する
期待値の高いピックに多数投資することで収束を待つ


これは私のスタイルですが王道だと思います。

関連記事:スポーツブックでなぜ勝てるのか

まずはピックの見極めという段階では研究が基本になります。

研究をして市場の中で自分を有利なポジションに置くことです。

エリートベッターになり、一般投資家の間違ったお金の動きを読み取り、期待値の高いピックを選べるだけのスキルを磨くことです。

人は目の前のお金を失いたくないので、常に勝ちそうなチームにひかれますが、スポーツブックは勝つチームを探すのではありません。プラスの期待値のあるチームやピックを探すのです。

勝つチームとプラスの期待値のあるチームというのは全然別のことです。

そのための研究が必要です。

試合を見ます。スタッツを十分に分析します。スタッツはその試合の内容が見えるくらいに想像しながら読み取ることです。

NBAなら、ショットチャートや各種ボックススコアからプレーを想像することです。マッチアップなどを評価しながら読み取ることです。常に一般の評価とのずれを探る意識を持ってください。

MLBなら、例えば球速の変化や球種の変化に敏感になることです。良い当たり率やLD率、HR/FBなど、運不運がないか見ることです。残塁率もそうです。K/BBやBABIPから、防御率には出ない本当の力を見ることです。球種によるマッチアップを考えることです。

常に天気予報をチェックします。ブルペンの負荷は毎日把握しておきます。野手にけが人が出れば、そのネームではなく、どれだけ実質的な影響があるか、数字やマッチアップでさぐることです。

選手や監督のコメントをまめに聞き、チーム状態や方向性をチェックします。ローカル紙やラジオから練習情報なども出来るかぎりとることです。

結果だけで世間で過大に評価されている選手がニュースから見えることも多いです。

とにかくこれは総合的な努力が必要になります。ここを見れば良いというものではありません。

作業も見るべきサイトも動画も、読むべき記事も、聴くべきラジオも多数あり100%やりきれることはありません。

でも力の限りやるのです。

自分の場合、例えばNBAだけでも、約100のタブ、MLBでもほぼ同数のタブをfirefoxにセットし、セッションで一発で起こしています。(以前はchromeでしたが、100程度のタブにするとchromeの方が段違いに遅い)

いろんな記事を見たり動画を見たり、スケジュールをチェックしたり、一日に何度も複数のサイトでけが人情報のアップをみたり、作業はつきません。

実際、毎日、本半册分くらいは記事読みしています。

でもささいな記事、些細なファンのつぶやきがヒントになることもあります。あれっという感覚一発が結構大切だったりします。

決して終わることはありませんが毎日努力し、一般の視点とは違う視点、高いレベルで対象を見る目をつけます。

世間は弱いと思っているが実は強いチーム、強いと思っているがそうではないチーム。そういったことがあるからこそ、市場にシャープマネーが動く余地が出るのです。


さて次に投資する段階です。

1回の投資額を抑制する。これがエリート投資家とそうでない人の最も大きな差になる場合もあります。

スポーツブックは優秀な投資家でも、平均すれば55%程度の勝率です。カジノでそれなりに時間を過ごした人なら、ルーレットの赤が10回続くことがそれほど珍しいことではないことに気づくでしょう。私個人でも、15回以上の連なりを何度も目撃しています。

スポーツブックでも必ず悪いムラが来ます。

毎日言われた通り賭けていれば、毎日とは言わなくても毎週残高が増えていってほくほく?

そんな甘い投資はどこにもありません。負けたり勝ったりのトータルで総合的にプラスを出すのが投資です。

その上で、必ず来る悪いムラ、悪い波を乗り切るのに必要なのが、1回の投資額の抑制です。

スキルを磨き、期待値の高いピックをとっていればいずれ利益は収束してくれます。

目の前の負けにいら立って取り返そうと、投資額を抑制できない人は、スポーツブックでは最後は敗者となります。勝ったようにみえてもいずれ来る大きなマイナスを先延ばしにしているだけです。

マネーマネージメント自体が期待値を上げることはありません。

(期待値が明らかに突出しているピックに多めに張るなどは全体の期待値を上げる。しかし、それも実はピックの質の選別という能力がそれをささえている。マネージメント自体による期待値のアップ、構造の本質による期待値のアップではない)

エリート投資家になりたいのだったら、これが生きるか死ぬかを決めるのだというくらいの覚悟で投資額を守ることです。

そして上に述べたような努力により期待値のあるピックを選別するスキルを磨き、そういったピックに多数分散して投資するのです。

分散し、多数化することによりリスクを減らしプラス収束の時期を相対的に早めるのです。

いくら期待値が高いピックがあっても、そのピックに全財産投資してはいけませんよね。リスクが高すぎます。

一方で分散はしていてもこなすピックが年に数十であれば、その間の結果は実力でなく運が支配しています。

いや勝ってるよという人がいたらそれは好運です。負けていたら不運です。

実力が数字に収束するには時間がかかります。

数十年単位でプラスになれば良いという人ならそれでもいいでしょうが、普通それは少数でしょう。

普通は年間プラス、出来ることなら数ヶ月単位である程度プラスが出したいでしょう。

だから多数ピックをとるのです。

世界に、日本にどんな予想家がいるのか知りません。興味はありません。

自分は自分の予想スタイルには自信があります。確信があります。

私は多数のピックを出します。多分こんなに多数のピックを出している人はいないのではないでしょうか。

それは上に書いたやり方を貫くためです。

悪い時にはご迷惑かけますが、一所懸命頑張ります。

応援してくださる方、ありがとうございます。

スポーツブックでどう勝つのか
研究をし投資家間の競争に勝つ
一回の投資額を抑制する。
期待値の高いピックに多数投資することで収束を待つ







posted by OT at 12:56 | オッズや賭け方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツブックでなぜ勝てるのか

還元率が100%に近い
人によって還元率に差があり、研究などの努力により100%超えを実現出来る
株式市場よりエリート投資家になりやすい


これらがスポーツブックでなぜ勝てるのかという3つの理由です。

関連記事:スポーツブックでどう勝つのか

まず、スポーツブックは平均還元率が高いのです。Pinnacle等のハイオッズブックメーカーを使えば、誰でも最初から97-98%の還元率は実現出来ます。

その時点で、日本の公営ギャンブルの75%程度の還元率とは段違いです。

そしてここは公営ギャンブルと同様に、スポーツブックは人によって還元率に差がでます。

ルーレットなど、最終的に誰でも同じ還元率が適用されてしまう純粋なギャンブルと違い、還元率が人によって差が出ます。

ここは競馬などの公営ギャンブルと同じです。

極端な例で言えば、地方競馬で八百長に近い内部情報を知っている人がいてその人が投資するなら、他の一般ギャンブラーより高い期待値で勝負出来るわけです。

スポーツブックの例で言えば、負けるつもりで相手選手に投資して、実際に負けて利益を手にするテニス選手も過去にいました。八百長です。彼の投資の期待値は一般ベッターとは比較になりません。

もっと馴染みのある例で言えば、実力以上に過大評価されているアイドルホースに期待値も考えないで賭けてしまう、特に競馬ファンでもない一般ベッターがいますよね。だからこそ、それに逆らってシャープベッターは高い期待値で勝負出来るのです。

スポーツブックでなぜ勝てるのか、どうして投資として成立するのかを投資と配当という点でいえばこの2点です。

還元率が100%に近い。
人によって還元率に差があり、研究などの努力により100%超えが出来る。

2-3%程度のブックメーカーへの払いは、株式市場の手数料のようなものです。

必ず2−3%とられるからいつかは損するというのは嘘です。ルーレットならその通りですが、スポーツブックは人によって還元率が違うのであてはまりません。

株への投資でも手数料は毎回かかるが、それを乗り越える還元率を手にすることが出来る人がいるわけです。

でも手数料が高すぎては100%超えはそれだけ難しくなります。

私が公営ギャンブルで長期的に儲けることはスポーツブックより遥かに難しいと考える理由がそれです。

公営ギャンブルでは、投資家からみれば手数料にあたる胴元の取り分が多すぎるのです。

不可能とはいいません。

ただ公営ギャンブルでは他の投資家より有利なポジションで戦っても100%超えは非常に難しいでしょう。

毎年儲かっていると言うだけの専門家はたくさんいるようですが、競馬予想番組の予想家の買い目や競馬新聞の買い目のほとんど全てが長期的にマイナスになっているのではないでしょうか。

実際、私の収支報告のように全ての買い目と賭け額を試合前に明示して、その結果を全て計算し記録として残し、確実に長期的に、数千数万ベット単位でプラスを出している予想家が競馬や競輪の世界にどれだけいるでしょう。


次に、投資家どうしの競争という面から重要なことを一つ一つ付け加えます。

株式市場よりスポーツブック市場の方がエリート投資家になりやすい。

デイトレであろうとそうでなかろうと、株式市場であろうと通貨であろうと、機関投資家や高度なスキルや知識を持った個人投資家ほど巨大なお金を動かすものですが、彼らを相手にしてエリート投資家のポジションをつかむには並大抵のことではありません。皆必死に研究しています。多くの人は仕事として、プロとして投資活動をしています。気合いが違います。つぎ込むリソースが違います。

たしかに、初心者もいますが、総じて彼らの動かすお金の量は小さいです。

スポーツブック市場はどうでしょう。

公営競馬と同じです。人気チームや好きなチームに賭けるというような、娯楽としての一般ベッター、そのお金が大量に入ってくるのです。遊びでやっている人も多いのです。

もちろん専門的に投資として分析をし、実績を上げている組織や個人もあります。

これは間違いありません。

でもそうではない、緩いお金が市場に入ってくるのです。しかも何も考えていないベッターほど向こう見ずに多額のお金を張ったりします。

誤解を恐れずにくだけた言い方をすれば、負けてもいいやという投資家がスポーツブック市場には大量にいるのです。普通、株や為替では負けてもいいなどと思いません。初心者だってロスにシビアです。

スポーツブック市場には緩いベッター緩いお金もたくさん入ってくるので、株式市場より自分のポジションを有利にとりやすいのです。またそもそもが還元率が高いので、公営競馬のように儲けるためには何千人、ひょっとしたら何万人のトップにたつような超エリートベッターになる必要はないのです。

ある程度優秀になればいいのです。スポーツブックでは。

しかもなれるのです。一般的な投資の市場よりなりやすいのです。

そんなに勘がよくなかったり数字に弱かったりしても、トップ10%に入るような優秀な投資家になれるのです。

天才的な勘などなくても努力でエリート投資家になれる。

それがスポーツブックです。

スポーツブックで勝てる理由、すなわち投資として成立させられる理由
還元率が100%に近い
人によって還元率に差があり、研究などの努力により100%超えを実現出来る
株式市場よりエリート投資家になりやすい



posted by OT at 12:19 | オッズや賭け方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

スポーツブックでの期待値徹底主義

2012.01.21 NBAデイリーレポート 11勝2敗 +7.83 unit

今日は運が向いて、ぎりぎりのゲームがかなり勝てました。

NBA、結構また怪我人も出てますのでしっかりチェックしていきましょう。

さて、錦織圭対ツォンガですが、今ブックメーカーのオッズは

錦織 4.39倍@Pinnacle

錦織 +6 1.78倍@Pinnacle

応援ベットならMLの4.39倍がいいのでは?

錦織はプラスハンデでとる旨味が少ない気もしますがどうでしょうか。負けるなら意外と完敗しますので、あっさり+6が足りなくなります。1.78ってオッズもおもしろくない。

ここまで本ブログで書いてきたように、錦織圭への応援ベットに関しては自分は1回戦ロベール戦は全力で、2回戦エブデン戦は慎重に、3回戦ベネトー戦は熱烈に行ってます。ツォンガ戦は「ほどほどに」(笑)です。

最近、はやりテニスはマネーラインだなと感じています。

今年のテニスデイリーレポートでもMLでどんどんアンダードッグ入れていきます。

「期待値重視」を徹底出来る環境が整えば、5倍以上のアンダードッグも入れていきたいと思っていますが、どうでしょうか。

個人的には10倍以上のアンダードッグにも行ってます。

テニスには5倍以上のアンダードッグに大きな期待値があるものも多いですが、当然ながら勝負には負けることが多いのです。2回連続で当たることもあってそうなれば大きいですが、逆に下ムラがくれば20回や30回連続で負けます。

5倍なら5回に一回ペースを維持して当たってくれるということではありません。

トータルで相殺され、長い目でみれば期待値が働きプラスに収束してくるので収益は出るのですが、「目の前の負け」を受け入れる準備が皆さんはあるでしょうか?

今アンダードッグを0.5 unitで小さめにとっている理由はそれです。

目の前の負けを受け入れるメンタルとマネーマネージメントが出来ているでしょうか。

先週の負けも受け入れられない状態のまま、仮に20回連続負けの下ムラが来たら対処出来るでしょうか。

例えば既に記事に書いたように、今週アルマグロやヒューイットといったアンダードッグをテニスデイリーレポートをとっていますが、負けようが勝とうが、これを長期的にとっていけば良いだろうと躊躇なくとっているのです。

それも含めいろんな事情で、私自身も期待値徹底主義を貫いていないのです。ムラを少しでも避けたいと期待値を犠牲にしている部分もあります。例えばたまにteaserを入れたり、NBAでハーフポイントずらしているのもムラを避けるための小さな作業です。

でもやはりスポーツブックの王道は、マネーマネージメントとメンタルバンクロールの環境が整う限り、徹底して期待値を追うことだと思っています。

私のデイリーレポートが最高のパフォーマンスを出すには、皆さんの理解と協力も必要になりますので、少しずつご理解の方よろしくお願いします。

とにかく頑張ります。




posted by OT at 13:34 | オッズや賭け方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

スポーツブックに英語はいらない

英語力が無いということでスポーツブックに二の足を踏んでいる方は、まず一つのブックメーカーを極めることです。

PINNACLEBET3655DIMESなど代表的ブックメーカーを決め打ちで、最初は試行錯誤しながらも使いこなせば、次に他のブックメーカーを増やしても問題なく使いこなせるはずです。

実際スポーツブックに英語はほとんどいりません。プロであればあるほど、お決まりの賭け方しか利用しません(多くのギャンブルや投資でそうですよね)ので、どのブックメーカーにおいてもベットのプロセスは単純です。

単に試合を選んで額を記入し、Betやconfirmなどのボタンを押してプロセスを完了させるだけです。

どこのブックメーカーでもpendingやhistoryなどから過去のベットの結果や現在賭けている試合がいつでも確認出来ます。入金のdepositや出金のwithdrawなどのプロセスも、ルールやプロセスに多少の差はあるものの、大体同じようなものです。

まあまずはメジャーなブックメーカーでトライしてみてください。



ところで、私OTのスポーツブックですがとんでもないことになっています。1月はかなりの収益を上げたのですが、4月には楽々それを超えてしまいました。投稿分もテニスプレミアムビューを合わせて勝ちまくっています。

昨日のフレデリコ・ジル戦も、ジルが予想以上の圧勝を見せてくれ楽勝。とにかく調子良いです。

個人的にはNBAやMLB合わせて20近いピックをしているので負けもありますが、特におすすめのものを投稿しているので投稿分の利益が半端ないです。

ただ、今日はテニスはグレートピックが見当たりません。結果はわかりやすい試合もあるのですがオッズが反映しつくされていてエッジが見えません。

何か賭けたい方は既にテニスプレミアムビュー出してありますので参考にしてください。

夜にMLBかNBAで予想投稿出すかもしれません。
posted by OT at 20:03 | オッズや賭け方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする