2008年02月22日

スポーツブックの始め方 ブックメーカーのメンバーになる

スポーツブックは合法的に誰でも開始出来ます。
簡単に言うと、

1.ブックメーカー(胴元)に登録し会員になる
2.入出金の方法を準備する

これだけです。

今日はOT特別コラム「スポーツブックの始め方」第一弾として、まずはブックメーカーの会員になるプロセスを説明します。


「スポーツブックの始め方 ブックメーカーのメンバーになる」

スポーツブックの始め方を初心者向けになるべく簡単なことを解説します。

1.オンラインでスポーツブックのメンバーになる。
a.本ブログでおすすめしているBET365Pinnacle、など、のブックメーカーのページから、右上や左上にある、sign upやregister (here)、join (now)、open an accountなどの表示をクリックしていきます。どれも「入会」「登録」などの意味です。

ブックメーカーの選択に関しては、まずはボーナスやオッズだけで決めるのではなく、不要なトラブルを避けるため、伝統のあるイギリス系大手、南半球やカリブ系でも実績と評判の高いところをおすすめします。


以下はどのブックメーカーでも通用する登録の方法です。

b.ブックメーカーを決めたら、次に表示されたフォームに記入します。

必ず数字もアルファベットもそれ以外の文字も、自分で記入する文字はすべて、半角でお願いします。3ではなく3を使ってください

フォームで記入するのは以下のようなことです。
□名(First Name) Taroのように
□ミドルネームの欄がある場合がありますが入れないでいいです。
□姓(Last Name) Yamadaのように
□住所(address)
別に決まった表記があるわけではないですが、
例えば東京都渋谷区宇田川町1-1-1 ライオンズマンション101であれば
Lions Mansion suite 101, 1-1-1 Udagawacho Shibuyaku, Tokyo, Japan
のようにすれば良いです。順番に気をつけてください。数字とかを先に書くのが普通です。

注意:住所の場合streetやaddressの欄と、city(都市)やstateやprovince,county(州や群)の欄が分かれていることがあります。であれば上の例ならaddressやstreetにUdagawachoまで入れて、cityにShibuya-ku、州にTokyoまで入れてもいいかもしれません。ただ、stateなどはアメリカの州に限ると注意書きがある場合が多いのでその場合は空欄でcityにshibuya-kuやtokyoをまとめていれても大丈夫です(もしくはshibuyakuまでaddressに入れてcityをTokyoだけにしても大丈夫です)。ただしstateやcounty,provinceに何かを入れないと進めない場合にはstateやcounty,provinceにTokyoを入れてください。また普通国(country)は別に単独でリストから選ぶことになっているのでその場合は自分で国名をかかなくてよいです。
□郵便番号(Zip code) これはたいてい別枠があってそこに記入します。
111-1111などのように。もしハイフンを受け付けないとかでたら1111111で入れてみてください。
□電話(phone)
例えば03-1111-1111なら普通は81-3-1111-1111のように書きます。国番号が81、市外局番の最初の数字(普通は0)は不要です。まあ、かかってくることはありません。ハイフンをうけつけないなら
□誕生日(date of birth)
だいたい、選べるようになっています。自分で記入する時にはDD/MM/YYYYかMM/DD/YYYYです。ヨーロッパ系はDD/MM/YYYYが多いです。要するに1975年生まれ1月25日であれば25/01/1975、アメリカとかカリブ系では01/25/1975が多いです。
□通貨(currency)
ヨーロッパ系だと聞かれることがあります。普通はEuroかドルかポンド(英)でいいです。円は避けましょう。円は送金手段などが限られることもあります。
また、オッズの表示形式(ODDS FORMAT)の選択を求めるブックメーカーもあります。その場合には特に希望がなければ日本人に馴染みのあるdecimal(少数形式)を選択しましょう。
□アカウント名(user name)
ユーザー名です。任意のものを無論半角英数で書いてください。
(求められない場合は普通はメールアドレスがアカウント名になります。
□メールアドレス フリーメールだとだめなことがあります
これはネッテラーなどの送金機関に登録したメールと同じメールアドレスを使うことをおすすめします。送金の際にメールアドレスの一致が確認されることがあり、不一致だった場合に、入金や出金が出来なくなるからです。
□パスワード
説明はいらないでしょう。
□セキュリティ用の質問
自分で何か質問を選択して(もしくは書いて)自分で解答も書くというやつです。パスワードなどを忘れた時などに必要になります。自分で覚えておけば何をかいても基本的には問題ないです。質問が選択式の場合は通常what is your favorite ...(「一番好きな...」は何ですか)のようなものがリストされていますのでその中から質問を選び、自分で解答を(無論半角英字で)書いてください。アメリカなどではセキュリティの質問の代わりにSS ID(ソシアルセキュリティID)など4桁の番号を聞かれることがありますが、これも同じ趣旨です。別にSSIDを保持している必要はありません。どんな数字でも構いませんが、自分で覚えておいてください。 
□How did know about this siteやWho refers you to ...などといって、紹介先を聞いてくることがあります。
□Promo Code:何かキャンペーンなどのコードを持っている時は記入してください。なければ不要です。空欄で。
□アンケート: 何のスポーツに興味があるかとか、カジノを併設している場合にはどのゲームとかきいてきますが、アンケート出てきますが適当でよいです。
□ コンタクト 新しいサービスやお得な情報など一般的なニュースなどをどのように連絡すればよいか聞いてくることがあります。 emailなどか、何もチェックしないのが普通です。
□ 合意(acceptやagree): Terms(条項)などに合意するか確認されます。今やどこでも出てくるものです。条項に同意するかとか出ますのでチェックしてnextやcontinueやjoin,confirmなどのボタンを押してください。

WelcomeやCongratulationなど、登録が終了したとのメッセージが表示されるはずです。

以上でブックメーカーへの登録は終了です。登録後、すぐに入金額を尋ねてくる場合がありますが、とりあえずはcancelしたりcloseしてもらって結構です。まずは登録が出来ました。

ブックメーカーからメールが即くると思います(来ないブックメーカーもあります)ので確認して、クリックが必要なようならしてください。そのクリックによって登録が完了する場合もあるからです。

posted by OT at 22:36 | ブックメーカー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする