2017年02月11日

スポーツテクニカルズ 0211


スポーツブック予想の無料公開続けています!
有料購読等一切募集しません!
プラス1,000 unitまで目指します!
一回$1,000ベットなら1,000,000ドルのプラス!
+ 1,000 unitを遂げずにスポーツブック人生終われません!
本気でやります !!


予想投稿やコメントは試合開始に向けて追加していきますので、随時チェックしてください!


為替がどうなるか、なかなか判断難しいですな。

例えばトランプやアメリカの閣僚の口先介入は、一時的に相場を動かすことはあるが、今後のアメリカの政策(例えば減税、財政出動)から言えば、FRBの決定を脇に置いておいたとしても、いずれ金利も上がるだろうし、ドル高円安基調は変わらないという見方があります。ファンダメンタルズはドル高円安方向を示すはずだと。上念さんとか片岡さんも、少し前にだいたいそんなこと言っていたように思います。細かいこと省きますが。

一方で、違う意見もあります。トランプ政権は中国との通商問題に、対日本以上にナーバスであり、極端な元安だけはさけたいということであれば、その誘導にもなる円安にもナーバスははずであり、本気でドル円相場に圧力をかけてくるはずだという人など。とにかく他の政策とは別に。

有名な産経の田村さんなんかは、通貨合意さえ狙っている可能性すらあるような指摘していました。

通貨合意、笑。衝撃が走りますな、もしそんなことになったら。衝撃の円高。

どうなんでしょう。

また、最近は宮崎哲弥さんなども言っていたと思いますが、これから景気を浮揚させるであろうアメリカに、その際に金利が上がり過ぎないように日銀と同じように、イールドカーブコントロールのようなものをアメリカにやってもらうべきと意見があります。少なくとも金利高を抑えるような施策。安倍首相はその辺の理解が深いのでしっかりと伝えることができるのではないかと。で、アメリカでそういうものが表面に出てきたら、やはり一気にドル安円高になる局面がくるかもしれないと田中秀臣さんなんかが言ってました。

どうなんでしょうね。

今や、マッドマンセオリーの実践者だと認識されるようになったドナルド・トランプ。

Fox以外でトランプのニュースなどあんまり見ないのでよく知りませんが、ニクソンに学んでいるんだし、そうなんでしょうね。

誰かが言ってましたが、今話題の国家通商会議ピーター・ナバロの本にも「狂気を装うことは極めて合理的である」って書いてあるみたいですよ。

あと、トランプには歴史観や正義感などまったくない、と言っている人をまたあるメディアで見かけましたが本当ですかね。

すでに有名な話ですが、大統領になってすぐに模様替えした時、いの一番にチャーチルの胸像を大統領執務室に復活させたんですよね。

あれ、気まぐれじゃなくずっと思ってたみたいですよ。

ささいなことかもしれませんが、歴史観ない人がそういうことしますかね。また、偏向したものでなんであれ、彼なりになにか正義感、というか詩的なイメージを持っているように自分には映りますが、皆さんはどうでしょう。

とにかく為替は注目ですな。

ちなみに、今話題のシムズ教授がロイターでなんか話してます、笑。興味ある方はどうぞ。

ここ数年は特に、クルーグマン、ピケティ、シムズなど、流行り物みたいになってますな。一般人会話の中にも普通に海外経済学者の名前が出てくる。


Victor Estrella Burgos V.S. Thomaz Bellucci, SF, Quito

Bellucci 1.55@PINNACLE

並々ならぬリベンジ心だと思いますよ。Bellucciは。過去0勝3敗。特にBurgosにはこのキトで、一昨年のセミファイナル、昨年のファイナルで負けてます。ただ両試合とも接戦でしたしね。そろそろ勝つ時ではないでしょうか。Burgosは今年37歳になるんですよ。衰えは出ています。過去1年で20勝26敗、勝率43%(かなりチャレンジャーも含まれています、それでもこの数字)。それと、昨日あまりに楽に勝ち上がったBellucciにコンディションの有利も見ます。Burgosの方は昨日シングルスに加えてダブルスも戦い、その前日はカルロビッチとの2時間超えがありましたからね。このキトではコンディションは特に大切です。ベルーチにこそ相性良いですが、もともとBurgosは左に弱いです。キャリア通算で対左勝率44%。この一年では1勝6敗です。


Paolo Lorenzi V.S. Albert Ramos Vinolas, SF, Quito

Ramos Vinolas 1.59@PINNACLE

ここはマッチアップそのままとります。過去Ramos Vinolasの3勝1敗。クレーでは2勝0敗。両方完勝。特に直近の2015のクレーでは圧勝。ロレンチは35歳、ビノラスは29歳。過去の対戦内容を逆転させるような要素は特にないのではないでしょうか。マッチアップもあると思いますよ。ビノラスはディフェンシブに左からトップスピン打ってきますからね。最後根負けしてしまうところもあるでしょう。ロレンチはベルダスコ(左のトップスピンプレーヤー)に、このキトで2年前に1−6、2−6で負けてます。もちろんナダル(もちろん左のトップスピン)には相手になりません(実力が違うとはいえ、昨年秋に1−6、1−6で負けています、ハードコートですが)。あとロレンチはこの大会こそ比較的に楽に勝ち上がりましたが、先週末のデビスカップの疲れもありますよ。特にベルロクとの4時間越えの緊張感ある試合は効いていると思います。Pellaとの試合だって2時間半近かったです。年齢考えても。そもそも左には強くないロレンチ(対左キャリア勝率50%)が健闘の上敗れる展開を予想。


Benoit Paire V.S. Richard Gasquet, SF, Sud de France

Paire +4 1.72@PINNACLE

OVER 21.5 1.78@PINNACLE


Denver Nuggets V.S. Cleveland Cavaliers

Cavaliers -11.5 1.87@PINNACLE

OVER 228.5 1.86@PINNACLE

Cavaliers' TOTAL SCORE: OVER 120.5 1.91@PINNACLE

まず確認ですが、キャブスはホームではやはり強いです。スタッツ見ればわかります。それに1日休めば強いです。今日は1日休んでホームゲーム。週末でまた超満員。大声援の中、ノリノリでオフェンス出してくれるのでは?

デンバーはポイントガードに生産許しますからね。アービングは特に休むと生産上がるし、今日は昨日36分プレーしたネルソン相手ですよ。かなりアグレッシブに生産だしてくれるのではないでしょうか。

キャブスは、連日ゲームでディフェンスのいいOKCとやった試合こそ抑えられましたが、また再びオフェンスがクリックしています。最近ディフェンスよかったインディアナにOR130台出してます。コーバーのすさまじいインパクトもありました。

コーバーの衝撃!!
アナウンサー絶叫、ベンチ大はしゃぎ。2:00くらいのとこのワイドオープン。パスしたレブロンが入ることを確信したように打った瞬間手あげてます。最後のシュートではカバーにいったエリスが「もうやってられないよ」って。


歴史的なシューターですからね、コーバーは。

まさにdeadly shooterと呼んでいい、数少ない選手の一人です。

3ポイント%、オールタイムリスト
Screen Shot 2017-02-11 at 02.01.54.png

キャブスの最近のオフェンシブレーティング
Screen Shot 2017-02-11 at 01.44.50.png



デンバーは3ポイントディフェンス弱いですし、スポットアップディフェンスの効率も悪いです。またターンオーバーもとれないので、時にターンオーバーが問題となるキャブスにとってはいいマッチアップです。リバウンドで負ける可能性はありますが、それでもデンバーは連日ゲームで昨日スターターが目一杯プレーしてますからね。そこまで負けないのではないでしょうか。

デンバーのスポットアップディフェンス効率(PPP)
Screen Shot 2017-02-11 at 01.49.23.png

キャブスのスポットアップオフェンス効率(PPP)
Screen Shot 2017-02-11 at 01.49.38.png

あと、ペース100超えてくるんじゃないですかね。デンバーはもちろんですが、キャブスもペース上げてきてますし、特に高速チームには付き合います。例えば今シーズンのキャブスのブルックリン戦も全部速かったです。それに昨日ニューヨークと結構な打ち合いをして乗り込んでくるデンバー相手に、なおさらアップテンポの意識あるでしょう。デンバーは速攻をやられるチームだといういことわかっているはずです。

一方、キャブス自体がそこまでディフェンス良くないですしね。そんなにディフェンシブリバウンドもよくないので、デンバーには結構セカンド決められるかもしれませんね。特に今のキャブスは、こういう荒っぽいチームには荒っぽく勝つ傾向があります。オフェンスが良いチーム、またはディフェンスが悪いチームとの対戦では、今シーズンかなりの確率でOVERになってます。そしてデンバーはオフェンスよく、ディフェンス悪く、両方兼ね備えてます。

もともとキャブスはホーム、もしくは休んだあとには110点台半ばを普通にとるチームです。今日はその2条件がそろうばかりか、ハイペースで攻守に得点が高くなるデンバー相手です。これは打ち合いでしょう。


Los Angeles Clippers V.S. Charlotte Hornets

Clippers +3 1.88@PINNACLE


Boston Celtics V.S. Utah Jazz

Jazz -5.5 1.86@PINNACLE


Milwaukee Bucks V.S. Indiana Pacers

UNDER 214.5 1.84@PINNACLE


Golden State Warriors V.S. Oklahoma City Thunder

Warriors -6.5 1.88@PINNACLE


Phoenix Suns V.S. Houston Rockets

Rockets -14.5 1.96@PINNACLE

1st Half Rockets -8.5 1.90@PINNACLE


Miami Heat V.S. Philadelphia 76ers

UNDER 209.5 1.88@PINNACLE

1st Half UNDER 106.5 1.90@PINNACLE


Milwaukee Bucks V.S. Indiana Pacers

Bucks +7 1.91@PINNACLE


Golden State Warriors V.S. Oklahoma City Thunder

1st Half UNDER 117 1.89@PINNACLE


Boston Celtics V.S. Utah Jazz

UNDER 206.5 1.88@PINNACLE

1st Half Jazz -3 1.90@PINNACLE


Miami Heat V.S. Philadelphia 76ers

76ers +3.5 1.89@PINNACLE


New Orleans Pelicans V.S. Sacramento Kings

Pelicans +4 1.87@PINNACLE

0212のゲーム、先行ピック!


Orlando Magic V.S. Dallas Mavericks

UNDER 204.5 1.89@PINNACLE

PERIOD
posted by OT at 13:33 | 各種予想投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする