2017年02月10日

スポーツテクニカルズ 0210


スポーツブック予想の無料公開続けています!
有料購読等一切募集しません!
プラス1,000 unitまで目指します!
一回$1,000ベットなら1,000,000ドルのプラス!
+ 1,000 unitを遂げずにスポーツブック人生終われません!
本気でやります !!


予想投稿やコメントは試合開始に向けて追加していきますので、随時チェックしてください!


Nikoloz Basilashvili V.S. Martin Klizan, QF, Sofia

Klizan 1.63@PINNACLE


Daniil Medvedev V.S. Jo-Wilfried Tsonga, QF, Sud de France (Montpellier)

Medvedev +3.5 1.98@PINNACLE


V Estrella Burgos / R Olivo V.S. J Peralta / H Zeballos, Doubles, Quito (Equador)

J Peralta / H Zeballos 1.51@PINNACLE


キトのシングルスのベルーチ戦はすでに昨日の記事で先行ピックしています。


New Orleans Pelicans V.S. Minnesota Timberwolves

Wolves -2.5 1.86@PINNACLE


Miami Heat V.S. Brooklyn Nets

Nets +7 1.86@PINNACLE


Screen Shot 2017-02-10 at 09.23.13.png


Miami Heat V.S. Brooklyn Nets

UNDER 215.5 1.89PINNACLE

1st Half UNDER 110.5 1.86@PINNACLE

大連勝を続けるヒートのゲーム。

まずペース。ヒートは最近のペース見ても、確かに速いチームには合わせて速くなる傾向はありますが、それでもブルックリン相手に特にアップテンポの意識はないと思いますよ。1月の2回の対戦同様、ペース100程度が妥当じゃないでしょうか。あの2試合でもそれほど速攻なかったですしね。で、そのペースだとヒートがOR110台、ブルックリンも100超えしてこなければこのラインは超えません。

そこでまず前提としてブルックリンのオフェンスに効率がないことは確認しておきます。相変わらず3ポイントを多く打つが精度のないチームです。ロペスだってホワイトサイド相手にどこまでインサイドで効率出せるでしょうか。今、マイアミは3ポイントもインサイドもディフェンスいいです。

最近15ゲームの相手に許す3pt %がNBAで2番目に低いヒート。
Screen Shot 2017-02-10 at 10.23.41.png

同じく最近15ゲーム。Less than 15ftで相手に許すFG%がNBAで2番目に低いヒート。
Screen Shot 2017-02-10 at 10.23.54.png

前回のマイアミ戦以来のブルックリンのオフェンシブレーティング。

Screen Shot 2017-02-10 at 10.36.29.png

今のマイアミ相手であれば、OR100以下の可能性の方が高いと考えるのが妥当ではないでしょうか。

ヒートが緩いゲームするのではと言う人がいますが、自分はそう思いません。連勝がはじまったあたりから、スポルストラがやたらと「調子にのるな」という方向を意図した発言してました。オフェンスが好調でも、そんなことよりディフェンス、ディフェンス、それがアイデンティティと言い続けてました。ヒートのカルチャーだと。フォックスのインタビューも見ましたが、油断することを警戒していることが十分伝わりました。スポルストラがそんな感じだからでしょうが、最近のドラギッチとかのマクルーダーとかのコメント見ても、意識して自分たちを抑制しようとしているように見えます。まだまだ負け越してますしね。ここからさらにスタンディングをあがっていけますので、真剣にやってくれると思います。

一方、ヒートのオフェンスはいいですよね。相手次第でWhitesideのインサイドの爆発力が出ますし、またドラギッチに中心に3ポイントがやたらと好調でもあります。が、ドラギッチの最近の3P%見ても、少し上ムラですよね。ヒートはOR120台連発したりしてましたがそこまでのチームじゃないでしょう。いろいろローテーション変わって、相手も対策とれなかったところもありますが、次第にスカウティングされてきますからね。

ここから48%のドラギッチ
Screen Shot 2017-02-10 at 10.56.02.png

ただ、問題はブルックリンのディフェンスですよね。特に3ポイントディフェンス。悪いイメージありますよね。

そこでまず最近のブルックリンのディフェンシブレーティング。
Screen Shot 2017-02-10 at 10.05.28.png

意外と悪くない。

なかなかの相手とやってこの数字ですよ。NYだって、このブルックリン戦のぞけば最近ずっと100は超えてますからね。ここだけへこまされたんです。皆、ディフェンスめちゃくちゃだといいますが、意識はあるんですよね、それなければ勝てないのは本人たちがよくわかっているので。あと問題の3ポイントですが、この間もペイサーズにはそこそこ決められましたが(40%)、それ以外は無難に抑えています。

意識あきらかにあると思いますよ。いうまでもなく、3ポイントディフェンスで重要なことの一つは、まず打たせないことです。この最強のオフェンスツールをできるだけ発動させないことです。で、以前はペース速いこともあってふつうに30本くらい、下手すると40本近く相手に打たせてたイメージがあるブルックリンですが、最近は7試合連続で相手の3ポイントトライを30本未満に抑えています(8試合前はクリーブランドですからね、仕方ない、笑)。一昨日のワシントン戦だって延長戦だったのに、25本に抑えました。

ブルックリンは、ワシントン戦が延長でOVERになりましたが、ふつうにレギュラータイムだったら、6試合連続UNDER記録するところでしたからね。少し変わってきてます。

ここはワシントン戦でまだまだファイトあることを見せたブルックリン、なんとかオールスター前に大連敗を止めたいブルックリンの、大連勝チームが相手だからこその緊張感とエフォートを期待します。

補足的ですが、最近のヒートのオフェンス、特に3ポイントオフェンスをささえるウェイターズはquetionable。一昨日のMilwaukee戦では、シュートアラウンドに参加もしてませんでしたからね。出てこないか、出てきても万全でないと思います。スケジュールと相手から言えば無理させないのではないでしょうか。



Indiana Pacers V.S. Washington Wizards

UNDER 215.5 1.86@PINNACLE

1st Half UNDER 109.5 1.87@PINNACLE



San Antonio Spurs V.S. Detroit Pistons

Pistons +5 1.84@PINNACLE

UNDER 209 1.86@PINNACLE

まず、デトロイトのホームでのそれなりの安定感を評価します。そしてホームで休みながら連戦しているというコンディションの有利さも重要視します。スパーズはここ数日でメンフィス、フィラデルフィアとつないで、遠く3000キロ以上の移動してきてますからね。気候も全然違うし、時差があって試合の時間も普段より早い。

その上で。昨年の11月とはいえ、その前回の対戦より15ポイントくらい上がってますな。最近の両チームのプレーが再評価されてこのラインなんでしょうね。スパーズもほぼフルラインナップだし、デトロイトもペースとオフェンスが上向きですからね。ただ、上がりすぎでは?その前回の11月の対戦では、結果的に合計得点が182で終わったゲームですよ。

問題はペースです。簡単に言えば両チームとも相手が遅ければこっちも遅いってタイプのチームですよね。たしかに最近はデトロイトのペース上がり気味ですが、スパーズ相手にはどうでしょうか。あんなターンオーバーなレイカーズ相手だと誰でもペースあげたくなりますが、今日は遅めだと思います。前回の対戦なんか、ペース88ですよ。さすがに今日はそれよりは上がるにしてもせいぜい95前後では?それだとするとかなり効率でないと超えませんよ、このライン。多分一番心配なデトロイトのディフェンスですが、課題の3ポイントディフェンスにも向上が見られます。最近5試合連続で相手の3ポイント成功率を30%未満に抑えています。これはシーズンで初めてです!もともとホームでは相手を100点以内に抑えているんですよね、シーズン通して。英語で言えば、ExcellentでなくともSolidなディフェンスを見せているんです。それに、スパーズも今そこまでの爆発力ないですよ、最近だと(連日ゲームの)DENとPHI相手に効率だしましたが、それ以外は割と凡庸。オフェンシブレーティング100以下の試合も結構あります。

ここは前回の対戦の内容や、今日予想されるペースを重要ファクターとしてアンダーをTake!



マイアミのウェイターズがアウト、これは上の解説で期待した通り。頑張れネッツ。


Denver Nuggets V.S. New York Knicks

Knicks ML 1.86@PINNACLE

ここはスタッツじゃないです。

なぜか、大恐慌時の靴磨きの少年の話を思い出しますな。

皆が浮かれている時は危険というのがあの話でした。

が、その逆で皆が最悪だと思った時はチャンスだったりします。

ボトムをとらえるチャンスを虎視眈々とうかがっているのが投資家です。

今、結果といい、市場の評価といい、NY株は最高のボトム(底)では?

全チーム中、最低の状態では?

ニックスをニュースでググっただけでもわかると思います。取り巻く状況からいってもバックス以下です。

そして今日の相手はデンバー。

たしかに、デンバーは粗くとも、危険なチームです。でもガロやファリードいないというのは大きいですよ。ニックスもリバウンド悪くないですから、デンバーの最大の強みであるリバウンド負けなければチャンス十分。

あと、ニックスはクリッパーズ戦もファイトありましたよ。必死です。あの試合も勝てそうでしたから相当悔しさのこっていると思います。

また、このホーム連戦中かなりブーイング受けて、選手も屈辱味わってますからね。チームの方向性とか以上に、いま必死だし、変な意味で結束もありますよ。クリッパーズ戦も負けましたが、最後までファイトしたし、前日の練習もかなり激しかったらしいです、逆に。

しかもスケジュールです。ここで負けると明日は全国放送のスパーズ。下手するとホーム5連戦全敗の屈辱を全国放送で流されることになります。さらに、そのあとロードで@OKCとのESPN全国放送がオールスター前の最後の試合。屈辱の中オールスターブレークを迎える可能性もあります。

今日はデンバー相手ですが、またほぼ満員でしょう。ゲーム以外のことも含めてこれだけニュース出てますし。特に今日は、開き直ってる状態ですからかなり声援あると思いますよ。

ホームでの観客平均数
Screen Shot 2017-02-10 at 13.28.27.png

今日は勝ちたいんです。満員の観客の前でまた負けたくないんです。もうプレーオフとかなんとかではなく、今バスケットボール選手として、自分を、自分たちを証明したいタイミングです。Take Knicks !!




カーメロ・アンソニー クリッパーズ戦でまた負けた後、フィルジャクソン関連含め、取り巻く状況へのコメント
“I think anybody would get tired of it if you went to work every day and you had these spats about you, eventually you’ll get tired,” he said after the Knicks’ 119-115 loss to the Clippers. “Unless you’re as strong as I am, know how to deal with it and move on from it. But I think anybody, any human being, at some point in time, will start feeling a way about it. Can’t cry over spoiled milk.”


Los Angeles Lakers V.S. Milwaukee Bucks

Bucks -5 1.91@PINNACLE

1st Half Bucks -2.5 1.93@PINNACLE


Chicago Bulls V.S. Phoenix Suns

UNDER 218.5 1.86@PINNACLE


Golden State Warriors V.S. Memphis Grizzlies

Warriors -7.5 1.93@PINNACLE

1st Half Warriors -4 1.91@PINNACLE


Atlanta Hawks V.S. Sacramento Kings

Hawks -1.5 1.89@PINNACLE


Los Angeles Lakers V.S. Milwaukee Bucks

UNDER 219 1.87@PINNACLE


Indiana Pacers V.S. Washington Wizards

1st Half Wizards -3 1.89@PINNACLE
posted by OT at 15:08 | 各種予想投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする