2010年06月03日

ブルペンの負荷

明日に向けてデイリーレポートの新規購読料上げます。一度購読を開始した既存の方には今後も影響ありません。新規は、いつか来る募集停止まで毎月上げて行く予定です。数百円か数千円か、都度違いますが、少しずつ。自分はスポーツブックで稼いで行けるのでブックはまだまだやるつもりですが、予想屋稼業はあと10年くらいかなと考えています。最初から購読していただいた方への特権性という意味も含め、少しずつ閉鎖空間にしていきます。よろしくお願いします。

さて、昨日から今日はテニスも2戦2勝、MLBも多数ピックをした上でのプラス(これが満足)でしっかり戻し、順調です。1週間ごとの収支報告楽しみにしてください。全て、試合数時間前のデイリーレポートの予想投稿だけで計算しています。

収支報告はおいておいて今日は簡単に「ブルペンの負荷」の話。

よくMLB予想を先発だけで決める人がいますが、そのやり方で長期的に勝てるのか疑問です。精度がかなり低くなります。

先発投手は試合を決める重要要素ではありますが、割合としてはせいぜい半分くらい。それ以外の打線の調子や相性、ブルペンの状態やその他の環境が試合に大きく影響します。

その中でも初心者などが意外と軽視するのがブルペンの状態です。最近のブルペンの防御率やK/BB、FIPなどをチェックするのは勿論ですが、ここ2週間の投球数や、とくに直前2、3日の負荷を知っておくのは大切です。

例えば、もっとも重要なセットアッパーやクローザーが2連投以上していれば、実質そのチームの戦力を差し引いて考えなくてはなりません。

また、本来は力のあるブルペンがなぜかここ2−3週間数字を落としていたとしても、BABIPやHR/FBなど運を示す数値が偏っていれば、たとえ最近が悪くとも依然本来の数字を期待しても良いブルペンだと判断出来ることもあります。

自分はMLBデイリーレポートで予想解説を出していますが、全試合に関して両チームのブルペンの数字、特にこの2、3日の負荷は重点的にチェックしています。

OVERに行こうか迷っているような状態でこの2−3日の両チームのブルペンが過剰負荷になっていれば決断が後押しされることもあるのです。

ブルペンの状態把握の重要性や方法についてはMLBプロベッターになる為の参考書でも紹介しているbetting baseballという本にも載っているはずです。

プロとしてやっていくならブルペンチェックは必須かと思いますので是非傾注してみてください。
posted by OT at 13:59 | MLB メジャーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする