2009年11月12日

スポーツブックのプロとして日々必要な作業

昨日も今日もテニスデイリーレポートでがんがん解説予想出していますので参考にしてください。

また収支は明日にでもまとめて報告します。

ところで、テニス&NBA&NFLシーズンになっていますので、これからプロを目指される方のために簡単に今の時期の日々の作業を書いてみます。

網羅的にいろんなことを書く時間がないので、わかりやすく時間割から示してみます。

1日の中での作業と時間配分
1.試合観戦:約4−5時間
2.試合後の数値分析&記事読み(や選手のコメント探し):約3時間以上
3.予想とエッジ判断、ピック確定、記事投稿、ベット作業その他:2時間以上

時間割は自分の中でも、開催スポーツの種類や日程などにより変化するのですが、一般的に言っても、経験や対象スポーツなどによりまちまちだとは思います。ただ、自分の場合は現時点ではこんな感じになっています。だいたいの目安ですのでもっと時間がかかる日もありますし、合計5時間くらいしかかけられない日もあります。自分は他の仕事もあり、そちらに最低数時間は時間稼働がかかるのです。

試合観戦は4−5時間ですがかなりの試合数を見ます。試合の全体を見なくとも、部分的に1Qや1setだけ見たりするものもあるからです。

MLBの場合は配球図や数値などの分析作業がかなりの割合を占め、野球は無観戦の日も結構ありましたが、その時期に比べれば観戦も重要になってきているとは思います。テニスの観戦が重要なのは言うまでもないですが、自分にとっては3大スポーツの中でもっとも観戦を重要視しているのがNBAです。記事や数値からではわからないオフェンスの連動や個人(特にPG)の調子を、観戦時間に見合うだけ得られるからです。例えば今日は最初から決めていたスパーズ対マーベリックスをライブ観戦しました(無論トニー・パーカーのいないスパーズに注目していました)。正確に計算はしていませんが、部分見も含めて、NFLとNBAだけで週にのべ30試合は余裕で見ています。


いずれにせよ、

日々テニスやNBA中心に試合を見て、記事や数字からさらに分析を深めて次の日のピック作業に入る


というのが現時点でのスタイルです。

まあスポーツテクニカルズデイリーレポート購読はその作業成果の一部を百円3、4枚で買っていただいているということです。

以上、これからも頑張ります。
posted by OT at 14:23 | スポーツブックでの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする